本田雅人(サックス)
本田雅人(サックス)3月20日

音楽教員の両親の影響で幼少から音楽に興味を持ち、小学3年生時からサックスを始める。国立音大時代にはジャズオーケストラに所属。山野ビックバンドジャズコンテストにて初出場で初優勝、最優秀ソリスト賞を受賞。在学中から「原信夫とシャープス&フラッツ」のリードアルト奏者を務める。1991年フュージョングループ「T-SQUARE」に加入。バンドのフロントを飾ると共に、作曲、アレンジの面でも新風を巻き起こす。98年T-SQUAREを退団し、ソロアーティストとして活動開始。自身のバンド活動を中心に、多数アーティストのセッションやレコーディング、アレンジャー、プロデュースなど、多方面に渡って精力的に活動している。